Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

4日目(23日・小旅行)

あっと言う間に4日目。
折り返しです。ちょいと寂しい(涙)

またまたHちゃんから貰ってたパンで朝食^^;
オンマとは心臓破りの階段でお別れをし
(オンマ、ちゃんとインサしなくてミアネェ~)
10分前にソウル駅に到着^^ワクワクお初のKTX。
セマウルとかと違う回からの出発なのに、発車ホームは
同じなんだよね^^;
なんの違いなんだろう?登って降りて大変やん。

NEC_0004.jpg
無事、進行方向席に着席。セマウルとかより狭い。
噂通り揺れます。確かに快適ではないなぁ^^;
でも、世界的なのか、車内案内TVで始終快適に過ごそう
案内が流れてた。要するに静かにしろと(笑)
日本もそうだけどあっちのアジュンマもパワーが凄い。
車内騒然となるもんね。女性の車掌さんが時折回ってて
ちゃんと注意してたのにはビックリした。
日本じゃしないよね。帰りの車内で小さな女の子が
『歌を歌いたい』といい続け母親に注意されるも歌ってたんだよね。
可愛いけど確かにうるさいわな。
それを車掌、ピシャッと注意しましたよ。母親も『もっと言って』
って促してましたが、小さい子にもちゃんと注意するんだね。

東大邸で乗り換えたセマウルではそんな車内案内もなし。
アジュンマ達がお菓子の交換やらでガヤガヤガヤガヤ。
近くに座ってたサラリーマンアジョシが『シックロォヨ』と
吐いてました。小さな声で^^
思ってたよりも早く慶州に到着、線路側から見る慶州駅は
趣があったんだけど、外側はそうでもなくて。
CIMG0663_convert_20080217154522.jpg
撮らなかったことにちょっぴり後悔しちゃいました。
駅の案内所で地図貰うつもりが、観光案内所と勘違いしてて
なく、ガイド本で自力で出発。
さすが観光地。日本人も多いんだよね。客引きタクシーが
韓国語で話しかけてきて、無視したら日本語、
それでも無視ならまた韓国語。
結構ですと断るも結構しつこかったなぁ。
貧乏旅行。自分の足とバスで動くんです^^

まずは昼食をってことで、天馬塚近くのボリパブのお店
淑英民族食堂へ。
噂に聞くとおり奈良に似てる町、慶州。塚一つ間違えて^^;
わからなくなる。大学生らしき2人組み捕まえて聞くも
『僕らも旅行に来たんで^^;ヨヘン チャラセヨ~』と
エールを頂き(爆)振り出しに戻る。
次に捕まえたアジョシが、出たー、サトゥリ。
釜山も凄いと聞いてましたがここも慶尚南道訛りなんでしょうか?
わっ、わからない^^;標準語も完璧でない私達にとって
訛りは強敵です。”信号”ってのと””ってのと
ケイソク チュー”ってのが聞き取れて、『イェー、カムサハムニダ』
とお礼をした後は、推理ゲームです。
何とか到着し、無事お昼にありつけました^^

CIMG0664_convert_20080217154655.jpg
w6000で、暖かいテンジャンチゲと焼き魚。パンチャの数々。
自分で作るピビンパブとお腹いっぱいでした。
が、お腹いっぱいでも甘いものは別腹です。
CIMG0667_convert_20080217154803.jpg
斜め向かいに見える慶州名物”皇南パン
見かけは薄皮饅頭なんですが、外がホリホリサクサクしてて
中の漉し餡の甘さが絶妙です。お腹いっぱいでも2個は
食べれたよねぇ。と言う位の美味しさでした。
4,5日以内の消費と聞いてギリギリ帰国に間に合わないし
ってことで、その場で戴きました。
翌日買えたらねって話してたんだけど、この店は通らず。
類似の店は数多くあるも^^;皇南パンみたいにいっせいに
手作りしてるお店が無くって、皆店頭に箱入り状態。
あまりにも美味しかったんでかすかな思い出を残そうと(爆)
他者には手を出しませんでした。

その後翌日の釜山行きの高速バスを知らべる為ターミナルへ。
向かう道でハラボジニ話しかけられる。韓国語で。
一応場所は確認出来てたんだけど、しどろもどろ韓国語で話す。
ハラボジ『ええよ、日本語で話してみ』と日本語で話してきた^^;
どうやら信号待ちの私たちをじっと見てたらしい。Y嬢は薄々
感づいてたみたいです(笑)
そこからハラボジ怒涛との会話が始まりました。
って言っても一方的に話してたよ^^;

滋賀の四日市に住んでて大学は日大だったらしい。
そこで初恋の君に会い、終戦と共に引き上げたので
会えずじまい。彼女はその後広島でお医者さんをしてる
事まではわかってるんだけど、もう会えないんだと。
相槌を打ちつつ質問を入れても『えっ?』と聞き返し
また自分の話へ^^;まるでコントのようでした(笑)
ムゲにも出来ず3回ほど信号を見送り、やっとハラボジを
引いて渡ることに成功しました^^
久しぶりに聞いた日本語楽しかったんだろうなぁ。
初恋の思い出と共に。その後『まっすぐじゃ』と言って
タバンへ入っていきました。未だタバンって書いてあるのも
地方ならではかしら?!

高速バス横観光案内ではとっても流暢な日本語を喋る
綺麗なアガシが居て、あらかじめ買わなくても充分バスに
乗れること。今から行く仏国寺の行き方を確認しアンニョン。
韓国語もキレイでした^^

市内バスも座席バスとそうでないのがあり、素人には
乗って料金箱見ないとわかんないんだよね。
w1000か1500かを握り締めていざ乗車。
スピードは当然韓国級でした^^;車内案内もなんだか聞き取りにくい
ズンズン奥へと進んでいくし、(地図ではそんなに距離感じなかった
のに)不安になって運転手に確認してたら、横からアジュンマが
『ずーっと奥だよ』と。なっ、何とか聞き取れた^^;

かなり登りきって仏国寺へ到着。
まずは、観光案内所へ。次に行く石窟庵のシャトルバスの
確認と、境内の所要時間の確認。
ここのアガシは韓国語オンリーでしたが、きれいな発音で
難なくクリアしました。が、シャトルバスは最終便しかなく
帰ってくるのも到着後30分位なので焦る。

とにかくまず仏国寺へ。
軽いハイキングですね^^;進む先々にハルモニたちが店を広げて
焼き栗やら、小さな仏様なんか売ってました。
CIMG0672_convert_20080217154927.jpg
国宝の橋は保存の為か通行禁止、脇の道を回って登りました。
登ってから下を見下ろすのは可。高台だけあって景色が
キレイでしたよ。
CIMG0676_convert_20080217155139.jpg
韓国のお寺や宮はやっぱりあの極彩色がキレイだよね。
何層も重なる屋根の先が私は大好きなんです。
各お堂を覗き込むと関係者の作務衣を来たアジュンマが
説明してくれるんだけど、ごめんね、理解できなくて^^;
皆お堂の中で深々とお辞儀をしているのが印象的でした。

大雑把にとりあえず一回りしてシャトルバス乗り場へ。
少し時間もあるし寒いしで近くの売店でコーヒーを購入。
ええっ、期待はしてなかったんだよ。してなかったんだけど。
アジュンマと一緒に砂糖なしを探してもらって買った
”ブルーマウンテン”のブラック。味もしないし、なぜか?
バニラな甘い香り。甘すぎる香り。お湯に甘い匂い...。
ブルーマウンテン...コーヒーの王様では?

シャトルバスを待つ人。私たち二人と、きっと在米韓国人の
父子。子供が男女共に幼稚園児くらいなんだけど
当然ながらずっと英語『R』がうまいんだこれ^^:
父親の方はどうも私たちを韓国人だと思ったらしくずっと
気軽に韓国語で聞いてくる。韓国語も上手い(当たり前)
途中で気付いたみたいだけど、この父子居なかったら
シャトルバスの運転手の指示わからなかったよ^^:

この二組を乗せたバスは登る登る。どこまで行くんだーって
位登っていきました。段々道には雪が積もってて、片側断崖絶壁の
くねくね道を登ってやっと石窟庵入り口へ。そう、入り口です。
CIMG0680_convert_20080217155427.jpg
ここでバスアジョシに、『17時10分発が最後だからね』と
念を押され、券売所へ。不安で所要時間聞いたら登ってくだって
20分くらいだと。30分ちょっとしかないので焦るけどここまで来て
見ないわけにはいかないやん。
雪が残り、凍る山道を一目散でも登りましたとも。
もうね、日も翳ってるし、高度は高いし耐寒登山です!
右下は崖で風が直接吹き込んでくるの。追い風だったけど
いつになったら着くのか不安になったよ。
やっと着いた先にはまた階段が...。

CIMG0681_convert_20080217155858.jpg
勝手な私の想像ですが、洞窟の中にじかにお釈迦様が見れるって
思ってたんですが、建物の中に収められてるんですね。
そこに続く階段と、建物間にかけられた鮮やかな色の提灯が
韓国色が出てました。そのものはもの寂しげなんだけどね。

さっ、やっとお釈迦様に対面。ガラス張りの中に収められてて
ちょっと残念だったんだけど、丸みとかラインがとっても柔らかくて
ひと時でも柔らかな気持ちになれるお顔をしてました。
ほわぁ~って気持ちになれますよ。
係りの人も『よう、お参り』みたいなこと言ってくれました。
ここはこれで終了。
あの道を逆戻りです。今度は向かい風(涙)
風が澄んでて気持ちいいなんていってられません。
切れます、耳も顔も出てるところずべて剃刀で引っかかれた
感じです(涙)”韓国の冬をなめんなよ”って感じでしょうか?

やっとバスにたどり着き、冷風に切られた肌がかっかと暖かくなりました。
さっ、目指すは温泉つきお宿♪
身体を温めるぞぉっと、勢い込んで到着。
皆さん流暢な日本語をしゃべります。さスガ観光地。
お風呂の前にお腹すいたーって事で、調べたいた、ホテル前
渡ってすぐの民俗食堂へ。
CIMG0688_convert_20080217160225.jpg
店の売りの、きのこ鍋も食べたい!パジョンも食べたい!
『2人で大丈夫ですかぁ?』なんて可愛く聞いたけど、汁も残さず
最後はきっちり完食でした(爆)
ほんとに美味しかったんだよぉ。
CIMG0686_convert_20080217160029.jpg
マッコリももちろん注文。普段そんなに飲めないし、マッコリキツイし
なんて言ってたのに、凄くスッキリと美味しくってなんと
二人であけちゃいました^^;
2種類あって普通に頼んで高い方が来てたんだけど^^;
それが余計に飲みやすかったのかなぁ。

最後の方は心拍数上げ上げ。でも私より強いはずのY嬢が
酔っ払い状態だったのでホテルに戻るまでは気を引き締めて^^
ホテル到着後、浅田真央ちゃん似の可愛いフロント嬢に
お風呂を聞くも9時までだけど入場は8時までだと悲しい知らせ。
温泉~。(諦めきれないので翌日早起きして朝風呂浴びました^^
貸切状態で気持ちいい^^)

翌日の行程の為バスの経路や行き方を真央ちゃんアガシに
確認。ちょっと日本語が不安みたいで、ドギマギ。
すると、到着時に案内してくれたベルボーイのお兄さんが
すっと横からガイドブックを。素晴らしい連携プレー!
こっちも片言の韓国語で話し出すとゆっくり韓国語で説明を
してくれて略図まで書いてくれました。ほんと親切だよね^^
かわいらしいアガシ、マッコリ臭いオンニドルゥでミアネヨ。
今考えたら、旅の恥は掻き捨てと言えども恥ずかしすぎる^^;

部屋のシャーワーで温まって、余力のある私は、チャン・ヒョクの
ドラマ鑑賞。全然見てないのに引き込まれる。何で?
エライ違いやん(爆)これ全部見たいなぁって思いました。
チャン・ヒョク、前作の”ありがとうございます”から色気増して
ませんか?めちゃくちゃカッコイイんですけど。
男性も幸せいっぱいの時は磨きがかかるんでしょうか?
子役との演技もなんだか実生活のようで^^優しい顔してたよね。
昔から、彼の笑顔好きなんだけど。ますます素敵でございました。

いい笑顔と共に就寝。
スポンサーサイト
category
韓国旅行

3日目(1月22日)

そして3日目。
今日はHちゃんとのデートです。
CIMG0653_convert_20080217152440.jpg
朝食は駅前のトースト屋台でトーストを買い。
そのまま地下に降り、コーヒースタンドでコーヒーと共に
戴きました。この両店、Y嬢、留学時代の御用達らしく
トースト屋台のご夫婦も、コーヒースタンドのアジョシも
共にいい感じの人たちで3度ほどお邪魔しました^^

Y嬢とオンマにお願いして、二人とは夕方からの合流に。
弘大入口で待ち合わせして、まずはコプのカフェを
見学に^^旅のメインって言っても過言ではないかも
しれない、コプ関連。ワクワクです。
NEC_0006.jpg
しかし、今コーヒーの勉強もしているHちゃんに言わせると
『値段のわりには美味しくないです』って事で否定的。
”夜の街”弘大なだけにどのお店もオープンが遅い。
コプカフェもまだ開店準備中。ちょっと残念な私と対称に
ホッとするHちゃん。入りたくないんだね^^;
君が私をコプの世界に引きずり込んだくせに(笑)

NEC_0005.jpg
ランチをしようと、Hちゃんが連れて行ってくれたお店は
”ヤンフィジャ センソンジョリム”ここの”コドゥンオ 
ム ジョリム”(サバと大根の味噌煮)がお勧めと
言うことで、これを注文。Hちゃんは違う味をってことで
塩焼きを頼んでました。メインと五穀米にその他のパンチャ。
サバの味噌煮に大根が入っててちょっとピリ辛って感じで
ご飯のよく進む味です。サバもいい感じに油が載ってて
とっても美味しかったです。パンチャもどれも美味しくて
当然お変わり自由。これがw4000とはすばらしい♪
後に飲む某カフェの紅茶のような珈琲w6000を考えると
なんだか感覚が変になっちゃいますよ^^;
客層も近くの現場で働いてる人やサラリーマン、学生と
ひっきりなしに訪れてました。
壁に大きく貼った記事を読むと”農林水産省?!の
サバなどの調理部門で大賞をとったとか?”
そのようなことが表彰されてました。ここまた行きたいぞ!
う゛っ、場所メモしてないや^^;

その後コプが流行ってから増えたというカフェ通りの
1件に入ってずっと話してました。日本語で(爆)
この通り、代官山みたいな感じかなぁ?カントリー風
なのが多かったかな?可愛い感じ。
CIMG0655_convert_20080217152857.jpg
このCafeも30代位の夫婦?がやってて、ケーキ類は
全て手作りなんだとか。
コーヒー類もしっかりした味で美味しい!って思ったよ。
Hちゃんも濃い目のコーヒー好きなので喜んでました。
カプチーノにもハートマーク付けてくれたり、マキアートも
綺麗な層を描いててとっても良かったよ。
”トゥントゥンセット”なるものがあって、コーヒーの値段に
w1000UPなだけなんだけど、マドレーヌとトックパイが
付いてました。片方だけこのセットにしたにもかかわらず
日本人だったからか?Hちゃんのいつもの愛嬌の
おかげなのか?たっぷり二人分入ってました^^
このトックパイってのが凄く美味しくて、後日この通り
通った時も入ろうかと思いました。
(週末はこの通りのカフェどの店も満員で断念・涙)

夕方近くまでこのお店でずっと話し続けてました。
日本語で^^;
たまに話したり、紙に書いて教えてもらったり。
けど、結構Hちゃん発音に厳しいんです。何度もやり直し。
お店に人笑ってたなぁ^^;
Hちゃんによるとスタバとかのチェン店以外、個々のカフェでは
大概が、1杯飲むと、1杯は普通のコーヒーなら入れてくれる
らしいのです。なので今回も2杯で長時間喋ってました。
勇気なくて試してませんが、コーヒーの値段がそれなりにするも
結構韓国人はカフェが好きで長居してるのはそのせいなのかな
なんて思いましたが、真相はいかに?

その後Y嬢とオンマも合流し、またコプカフェ見学^^
電飾が付いて賑ってました。
『夕食食べなきゃ』って事でまた入らず...。
丁度コプカフェの坂を下りた角の炭火焼肉屋さんで
テジカルビを戴くことに。Hちゃん曰くチングのお勧めで
結構人気があるんですよっと。
確かに、席に着いた後、入るわ入るわ、すぐに満席になりました。

CIMG0661_convert_20080217153041.jpg
この店のアジュンマが可愛い人で、日本人3人韓国人1人の
メンツがどうも信じられなかったらしく、何度も確認に来るの^^
『本当にアガシだけが韓国人か?』
『他もいるだろ?んっ?じゃあなんで3人とも韓国語わかってるの?』
とほんとに皆の顔を見渡し確認してくるの。
どうやら数日前に日本人が来たらしいけど、何一つ通じなくて
大変だったらしいの。で、それなりに(←これ重要)頷いて
それなりに返事する私たちが信じられなかったらしい。
まっ、私たち、いや私はそれなりで返事するからね(笑)
聞き取れた所を繋ぎ合わせて自分で消化。
いつか痛い目見そうだけどね^^;
今回は重要なとことはチングやHちゃんが消化してくれて
ますので。おほほほほっ。

お会計の際、私がはらいに行くと必死で、日本語で
言おうとHちゃんに聞いてたアジュンマ^^
さんとサムが似てることなど聞いて喜んでました。
店に出た後も、炭を処理しに出てきてまた立ち話。
『サヨナラ』じゃなく『またね』の方が次に繋がる挨拶だ
って聞いて『マタネ』と返してくれたアジュンマ。
キヨウォ~^^また行くよ!

弘大でHちゃんと別れ明洞へ。
ミリオネで買い物なんかしてみたり^^
頼まれてたFace Shopのパックを大人買い。
もうこの店は韓国に居ることを忘れる位です^^;
しかし、明洞の化粧品店の店頭呼び込みのアガシ。
人種の見極めがすばらしい!どんなに遠く離れてても
瞬時に韓国語から日本語へと(爆)
最近中国人増えてるらしいんで、いつかは中国語の
呼び込みも響き渡るんでしょうか?

良い子は今日もそれなりに帰宅です^^
オンマは帰国の荷造りに、私とY嬢は明日からの小旅行の
為に小さなカバンに詰めなおし。
(スーツケースは宿のアジョシが1日分預かってくれて
木曜から合流するI嬢と共にまた部屋に戻してくれるのです。
ここの宿、心臓破りの階段だけが我慢すれば、
とっても快適なのです♪)
category
韓国旅行

韓国旅行2008.1月(2日目)

さてさてまだまだ続くこの旅行
2日目にお付き合いください^^

月曜の朝、宿の窓を開けると...銀世界でした^^;
日本の友達にも『聞いてたほど寒くないよ。日本の方が
寒かった位』って息巻いてたのに、銀世界です。
宿が南山中腹に付き吹雪いてます^^;
3人のテンション一気にダウン(笑)

今回の旅人達は個々にもよく韓国来てて
”韓国旅行”と聞くと『行く!』ってなるんだけど、
実際行きたいんだけど、実際到着してみると
結構行きつくした感があるというか、ただ『クニャン~』
って感じなんだよね(苦笑)
天候も影響して、まず朝からどこへ行くかでひと悩み。
食べたいものは決まってるんですが、食べてばっかりもね^^;

NEC_0013.jpg
とりあえず三清洞散策しようかと出発。
雪を踏みしめつつ、景福宮の横の道を進み。
”宮”の衣装を担当した韓服屋を『入る勇気ないねぇ~』
と横目で眺め、進む進む。
雪景色も似合う三清洞の町並みを凍えつつ、写真撮る私。
ちょこちょことウインドウショッピングしたり、中に入って
値段に慄いたりと(笑)散策を続け、北村の韓屋敷を下って
最初の教育ギル辺りに戻りました。

CIMG0646_convert_20080217162331.jpg
さてさて、やっとお待ち兼ねの昼食です。
雑誌で見て楽しみにしてたトッポキ鍋の”モスィドンナ”
細い小道をチョイと入るんだけど、曲がる角に”韓流ぴあ”
の表紙が思いっきり貼ってた(爆)ジソブが微笑んでたよ(爆)
不安をよそに、観光客ナイズされてなく、老若男女沢山の
韓国人が並んでました。
韓国の新聞記事が扉に張られてて、記者の記事によると
『この味を味わうには10分程は必ず待たなければならない』
って感じにかかれてた。大盛況ですよ。
記事の10分ってトコに/かけられてて『1時間やー; ;』
って書き直されてたのが笑えた。確かに10分以上は待ってたよ。
でも、アジュンマ達が手っ取り早く各自の担当をこなし。
並んでる間に自分でチェックした注文表を出してるので
席に通されるとすぐにありつけるタイミングでした。
NEC_0012.jpg
なので、もちろんポックンパブ以外は追加禁止!
私たちは3人でチーズとヘムルを1人前ずつ。ラーメンと
卵サリをトッピングして締めにポックンパブ1人前。
お昼ごはんには充分な量でした。計9,000w。安いっ!
地元の人たちは殆どマンドゥーサリをトッピングしてて
とっても美味しそうでした。次回是非!

『お腹イッパーイ!』と言いつつ仁寺洞に来たからには
私が諦められるはずも無く。お決まりのホットッ屋台へ。
が、まだ開店準備中(涙)でも、諦められるはずもなく(爆)
『30分後だよ』との確認をとり、伝統茶で温まりに。
オミジャ茶が飲みたかったんだけど、冷たいのしかない。
って事で、メシル茶に変更。オミジャって熱くして飲むよね?
途中、日本人の集団が入ってきた時に、店内をみて
『日本人ばっかりやなぁ』とおっさんの大声と共に
扉が閉まりました。半々ぐらいだったんだけどね。
いやなら、仁寺洞うろつかなかったらいいのに。
無理な話でっせ、おっさん。

NEC_0010.jpg
きっかり30分後に再び屋台へ。おお、すでに並んでます。
おお!値上がりしてるやん!w500がw700に!
油、小麦急騰の折仕方ないっちゃあ仕方ないんですが。
相変わらずの美味しさでしたがw700って事にひっかっかてか
なんだか中身の黒蜜も少ない気がしたのは私だけ?
『アジュンマぁ。w200UPしても中身は同じだけチュセヨ』

雪のせいか妙に身体が冷え切ってきたので、昼間から
チムヂルパンへ行こう!って事に。
思いついたのが、ソウル駅裏か東大門のチョンデムンサウナ。
結局チョンデムンへ。知識不足か、普通のサウナで
やりたかった蓬蒸しもチムヂルパンもなし(涙)
普通の銭湯で地元のアジュンマに混ざり温まることに。
予定外だったので”変身道具”なしの為顔は死守^^;
何度勢いあまって洗いそうになったか。外でたら捕まるがな。

ほっこほこに温まるも、その後を考え汗をかきながら、カイロを
再セット。外の空気の気持ちいいこと♪
で、やっぱり東大門に来たからにはって事で、夕食は
お決まりの”タッカンマリ”
およっ、空いてるやん!って思ったら後から長者の列。
今日、月曜日だったのねぇと実感。すでに曜日感覚が
欠如気味でございます。
CIMG0650_convert_20080217150832.jpg

大好きなので、カムジャサリとククスサリを追加。
アジュンマは3人なのでククスは2人前じゃなくていいのか?
と聞き、断った後も両方持ってきて、こっちでこの量だよって
なおも勧めるの^^;1人前でもハレツ寸前ですがな。
Y嬢が少し辛いのが苦手って事で今回のお鍋は少々
赤みが少なかったですわよ(笑) でも、何度食べても美味しいんだわ、この鍋。
主に、ジャガイモとトックとキムチで満足なんですが^^;

この夜も?!真面目に帰宅。
宿でドラマの鑑賞。もちのろん?!サンウの”過ちの愛”
・・・あかん、進みすぎてて内容がわかりません。
姉の夫の不倫相手と付き合いだして、人間味が出て
きたけど、また何かがあって心残しつつも彼女をすて
冷徹な企業人になってるの?そしてそこに、昔の死んだ
はずの、恋人(似?それとも本人?)が現れて、絡みに
絡んじゃってます?サンウ。
・・・楽しめませんでした^^;
それよりもケーブルテレビでドラマチャンネルってものが
あって、各局それぞれと全部入り乱れてのチャンネルも
ありーのでその方が凄く楽しめたよ^^
この曜日じゃなかったけど、”ミサ”がやってて、それも切ない
(どことっても切ないけどさっ)ウンチェがアジョシが亡くなって
しまうことを立ち聞きする回だったのよ。12話かな?
ボンクラアッパがオードリを止める為にバラしちゃうん
だよね。そしてこの回のオードリめっ、ユンの為に
心臓の薬をムヒョクに届けるんだよね。そしてムヒョクが
気付いて、門の前で叫ぶんだよね。
『俺も、息子だよ』って(涙)007003092_L_convert_20080217151700.jpg
ふふっ貼っちゃった^^;

いやいや、レビューしてるわけではないんだけど、
手の止まる回だったんだよねぇ。
韓国に住んでてケーブル引いてたら、私って今以上に
ダメダメ人間になりそうだ
category
韓国旅行

韓国旅行2008.1月

引越し第1弾ネタは1月に言った旅行記。
7泊8日と韓国旅行初の長期となりました。
これがUPしたくてブログ引越したとか?しなかったとか?!
長文お付き合いくださいませ^^

**************

行ってきちゃいました。
もう先々週になるのかな?帰国後かぜっぴきで放置状態。
記憶が薄れないか心配でございました^^;

普通こんなに長期が取れたらヨーロッパ方面とかに
皆旅立って行くんだけどね。
まぁ私らしいってことで^^;
1番の希望は1週間のド短期留学だったんだけど
日程の合う分がなく断念。
ええっ、ALL遊び で過ごしてきました(爆)
メンバーはALLは私とY嬢、前半4日を愛称オンマ
(決して私の母ほどの年齢じゃないんだけど...)
後半4日をI嬢が合流で。常に3人体制でお送りします^^

まずは1日目。
(いつも通りの激長文に、今回滞在長いもんで^^;)

12:50関空初アシアナで出発。
関空内免税店ですでにかの国を感じる。
バーゲン状態のなか韓国語が飛び交う飛び交う。
行くたびに韓国語可能定員&呼び込みが増えてますねぇ。
もちろん、機内もほぼ韓国人。
以前はツアーの日本人アジュンマの会話&飴が頭上を
行き交ってたんだけど^^;今回は、韓国の農協?!ツアー。
とあるハルモニは離陸直後安全ベルト着用サイン中に
立ち上がり移動を開始。
キャビンアテンダントに制止されるも、チングのいる
後ろの席に行きたいんだ見たいな訴え。
『空席はありませんっ』の言葉に一度は諦めるも
その後も席を出たり入ったり。
自分の目で確認し、諦めその後はフテ寝でした^^;
窓側席だったもんで、通路側の関係のないサラリーマン
アジョシ、ご苦労様でした。

出発前から『-14℃だって』と脅されてたもんで
かなり覚悟で行ったんですが、到着日はほんと暖かく
リムジンバス待ちの時も上着の前全開状態でした。
荷物も早くピックアップ出来て手持ちもあったせいか
すぐにバスに乗車。
市内のバスレーン素晴らしいねぇ。(イ・ミョンバク氏のおかげ?)
以前よりずいぶん早く明洞に着けるようになりました^^

一旦宿に荷物を置いた後、水・木の一泊二日で出かける
小旅行の為のKTXの乗車券を買いにソウル駅へ。
旅行に出かけるのは私とY嬢。Y嬢もオンマも私より
語学力は確か!なのに私が窓口へ^^;
予約である事。行きはソウルからKTXで東大邸。
東大邸からセマウルで慶州へ。
帰りは釜山からKTXでソウルまで。ってことと、
一番重要なミッションは、席が進行方向向きであること!

最新の乗り物なのに、なんで座席が回転しないのか?
車両真ん中のみ向かい合わせ席でそこからそれぞれ
真ん中向いた座席なの^^;2時間3時間という距離を
ずっと後ろ向きで進むなんて...耐えられん。
ってことで最大のミッションなのでありました(笑)

で、結果、カンペがあったからか、難なくクリア。
最後まで『進行方向向き!』をバカのように繰り返す
私に、アッサリとアガシは切符を手渡してくれたので
ありました^^

1日目のメイン行事(笑)も無事済み、Y嬢は短期留学時代の
ソンセンニムに連絡する約束とのこと。
そのまま会うことになってここからオンマと私の二人。
ソウル駅内にある韓国人チングの勤めるベーカリーカフェへ
到着の挨拶。
相変わらず元気で明るいHちゃん。
バタバタしてるな。って様子見てたら、お茶をごちそうになり
挙句の果てにサンドイッチをたぷりお土産に包んでくれて
ました。ゴメンよ~。気を使わせるオンニで^^;

オンマがソウル駅まで来たからとソウルマートで早速お買い物。
私も滞在日数あるもソウルマートに入ると血が騒ぐ(爆)
コモへのお土産のCDやお菓子を少し購入しました。
まだまだ買い足りない。(のちに満たしすぎる事に...)

やっぱり夕方になるとちょっと肌寒い感じ。
飛行機&バスの酔いも軽くあってスッキリ暖かいもの
ってことで、オンマが以前”それなりに美味しかった”とう
ブテチゲを明洞で戴く。
お安く&日本人も居なくて”韓国に来たかも?”と
少し感じる(笑)
オンマには申し訳なかったけど、8日中の初日。最初から
スピード出しすぎてもと。あまり思い浮かばず^^;
二人とも行きたかった本屋へ。もちろん今回は永豊文庫へ。
だってねぇ^^

二人ともちょっと勉強になる本をって事だったんだけど
何を選んでいいのかわからない。
結局私は気になってた”漫画”を大人買い!重いので
半分にはしたんだけどね。この時は(爆)
『ドラマ見ながらこれ見たら聞き取れない単語拾えるし~』
なんて軽い言い訳でもしておきます^^;
オンマは子供の読み聞かせ用の童話を購入。
後、成功本みたいな、今向こうでベストセラーになってるヤツ
買ってました。こんな所に実力の差が出るんでしょうねぇ。

NEC_0017.jpg

重い本を抱えつつ、清渓川沿いのイルミネーションをながめ
市庁舎前のルミナリエもどきを鑑賞。
川沿いに電飾激しい馬車が走ってました。去年はなかったな。
そして市庁舎前には芋の子洗うスケートリンク^^
ソウルの冬景色だよねぇ^^

明洞まで戻り鍵を持ったY嬢が戻らない為お決まりの
クリスピークリームドーナツで待機。
もちろん飲み物だけ頼み、”試食”ドーナツ頂ました。
お腹いっぱいで食べきれなかったけどね^^;
しかし、ここも日本語喋る定員が激増。
顔でわかるんですね。最初からずっと日本語でした^^;
このドーナツ屋辺りでようやく日本人に遭遇。多分。
以前ほど多くない?曜日が曜日だからかな?
日本同様、中華系、東南アジア系旅行客が多く感じたよ。

その後無事”鍵”と合流^^
大人しく宿で就寝いたしました。
category
韓国旅行

お引越し完了?!

やっと?ついに?
ブログのお引越しを決意してFC2に決定。
なんとかページ設定に成功したよ!(多分)

以前のブログ人くんは自分の初ブログだったんで
愛着もあったんだけど、なんせ更新が遅い。
自分自身の更新も遅いんだけど^^;
やっと投稿した記事が表に出るまでが長い長い。

PCとの相性なのか?自分の力不足なのか?
とにかく画面が固まるのです(涙)

FC2は評判もいいのでサクサクUP出来る事を
期待しています^^

自分もマメな更新心がけないとなぁ^^;

さてさてひとまず初UPをしてみよっと。
サクーっとUPが出来ますように(祈)
category
日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。