スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ガチカメ7お盆ライブ


まさしく、お盆休みの1日目、せっちゃんに会いに行ってきました。

読売TVで深夜にやってる番組のイベント。
せっちゃんの名前を見つけて、迷わずチケットを取る事に
(実際は友達手配なんだけど・笑)

出演者は
Opening Act
・城南海(きづきみなみ と言うそうな)
・のあのわ

Main(出演順)
・NICO Touches the Walls
・福原美穂
・My Littel Lover
斉藤和義

取れたチケットはかなりの先行だったのに
凄い後ろの組で、入場したときにはすでにO.A.が
始まってた。

それもちょっと気になってた 城南海だったので
彼女の曲は最後の1曲のそれも後半のみ(涙)

前知識も殆どなく聴けた彼女の歌声は...
ちとせ嬢のあっさり盤^^;

アーティストに対して誰々みたいとかは失礼なんだろうけど
本当によく似てた。たった数分だったけど曲調といい
歌い方といい。
独特のコブシもまわっててね。
ただ、何が違うかと言えば、若干声が澄んでる感じかな?

HP見に行ったら、成る程。
彼女もまさしく奄美の島歌出身なのね。

う゛~んどうだろう?
悪くないし聞きやすいけど”唯一無二”ではないよね。

二番手のO.A.はのあのわ
女性ボーカルでなんとチェロを抱えてのボーカル。
...チェロは要るのか?と思ってしまったのですが^^;

独特の衣装でなんだろ?これまたChara的?
全然違うけど、なんだろう。
O.A.の順番は個人的に逆でお願いしたかったです。

本番始まってNICOちゃん(笑・こう紹介されました)
曲調も嫌いじゃないし声も好きな部類。
けど、何って残らないのです^^;
そんな感じですが人気あるんだね。
ボーカルの前髪が妙に気になってたんだけど
後で、MC小藪座長が突っ込んでました。

そう、このライブ、番組収録もあったんで合間合間に
MCが出てくるの、結構長く。
小藪さんだったり中山功太だったり、アナウンサーだったり。
楽屋との中継もあってね。
結構面白いといえば面白いけど、長すぎて...
おまけにMCしてる間にセット転換なんだけど、その長さでも
転換しきれず(音出し出来ないからか?)それ以上に時間がかかる^^;

楽屋訪問で面白かったといえばせっちゃん。
マイラバのAkkoがどうやらせっちゃんファンらしく
中山功太と共にせっちゃんの楽屋へ。
握手は求めるわ、武道館DVDにサインは求めるは
まるで一般人でした。(後で楽屋裏でも出来ただろうに...)

せっちゃんと言えば、どこへ行っても下ネタ大好きでイジられる(笑)
ここでも、折角なんで『Akkoの声で何か言ってもらいましょう』by中山功太
との流れに。
『本当に何でもいいんですか?』と嬉しそうなせっちゃん
『一応、放送されますんで』by功太

って事で(笑)お願いした言葉は
『出して』

そんなせっちゃん、自分で頼んでおきながら
言われた途端、素で、ふにゃ~っとなっちゃった^^
可愛すぎる!

NICO...に続いては福原美穂
彼女は802イベント以来2回目なんだけど
前回、パワフルな姉ちゃんやなぁ~。
程度の感想しかなかったけど、今回結構近くで見れて
表情がほんと明るくて自分で言う通り『歌うことが好き!楽しい!』
って気持ちが溢れたパフォーマンスでした。
かなり高感度UP!
サービス精神がよくて、かなり美形ですが親しみのある美形。

そして、マイラバ
1曲目から『Hello Again』...いやっ、懐かしすぎる。
かなりこの頃の記憶が蘇りました(笑)
あと、多分『ALICE』と私の知らない時代の(笑)曲と
ラストに『白いカイト』だったかな?
懐かしさ満載で嬉しい気もあり新曲でライブしないのか?感もあり。
”うち”の眉毛君同様高音が厳しそうでしたよ。

そして、トリは我らがせっちゃん!
キセル兄・住倉さん・エマさん・豊夢さんのフルバンド。

メンバー紹介時に自分を『押尾学』だと言ったり
結構、最近賑ってる芸能を入れ込むギリギリのMCだったり(笑)
『社会生活不適合者』が聴けて嬉しかったよ(涙)
相変わらずのお手振りも健在でカワエエ^^

ラストは出演者全員で『歩いて帰ろう』
せっちゃんと並んだ小藪座長の大きさにビックリ!

せっちゃんもかなり高かったはずで、ドンだけ高いねんって思った。

せっちゃん目当てのイベントもなかなか皆楽しめて
よいライブでありました。

帰りにイベントグッズの物販があって
小さいビニールバックを購入する事に。
座長直々に呼び込んでて、中山功太も手売りに参戦。
何気に中山功太から購入するもなんだか変な雰囲気...。
一緒に行った友達が『中山功太に購入後握手求めたら
笑顔でがしっと握り返してくれた』と。

そっか、あたしその一言がなかったのね^^;ミアン。

小藪さんにもして欲しかった友達ですが何だか座長は緊張すると(笑)
”小藪ソニック”のチケを声高らかに売り捌く座長を置いて
会場を後にしたのでした^^

購入してから気づいたこと。
ビニールバックに出演者の名前がちゃんと入ってました!
なかなか可愛いんだこれが^^

スポンサーサイト
category
斉藤和義
genre
音楽
theme
ライヴレポ・感想

Comment

Trackback

http://usuaji516.blog52.fc2.com/tb.php/83-9adc08cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。